【学生ビザの特徴】
 フランスに学生として3ヶ月以上滞在される方は学生ビザの申請が必要です。 学生ビザでは、最長一年間のフランス滞在が可能です。ビザの有効期間が失効する2月前から、管轄の県庁もしくは警察署で、滞在延長の申請をすることができ ます。‘Etudiant' et 'CESEDA R311-3 6°'と記載されているビザは年間964時間以内の労働が認められています。

【学生ビザ申請の流れ】
 2010年1月に学生ビザの申請システムが大きく変わりました。申請者本人の生体認証制度(指紋の撮影)の開始に伴い、現在は申請者本人が東京のフラン ス大使館領事部にてビザ申請を行う必要があります。学生ビザ申請の流れとしては、
①まずCampus France(フランス政府留学局)の登録・面接をし、
②その後にビザを申請します。関係機関が二つになることで、以前に比べ、手続きが少々複雑化してい る状況と言えるでしょう。

【アージー・フランスのサポート】
「何から始めればいいのか分からない」「忙しく時間が無いからアドバイスが欲しい」「自分だけでビザ申請準備をするのは不安」
。。。お悩みは色々だと思います。
アージー・フランスならそんなビザ申請準備もお任せ!ビザ申請必要書類のチェックから、複雑な登録手続などをサポート致します。
まずは初回無料カウンセリング(お電話・スカイプ・ご来社など)にて、ご相談下さいませ。

学生ビザ申請サポートのサービス内容

  • Campus Franceのアカウント作成
  • Campus Franceの必要情報の登録
  • Campus Franceへ必要書類を郵送
  • Campus France利用料の支払代行
  • ビザ申請の必要書類をご案内
  • ビザ申請の提出書類をチェック
  • 履歴書・動機書(フランス語もしくは英語)の内容をチェック
  • 内容に不備がある場合は修正点をアドバイス*
  • 面接(Campus France)・ビザ申請(領事部)の予約
  • その他ビザ取得に関わるアドバイス
  • ビザ申請書、OFII申請書の作成

*履歴書・動機書について、上記の学生ビザ申請サポートにお申込いただきますと、学生ビザの申請に相応しい文章かどうかチェックし、添削をさせていただく場合もあります。また、フランス語もしくは英語での作成が難しい場合、翻訳(別途料金)をさせていただけます。弊社は大使館指定の翻訳会社です。