このビザは、フランスにおいて3カ月以上、既に存在する現地法人・組織にて商工業活動を行う場合、または、設立希望の新規の現地法人・組織にて商工業活動を行う場合に適応されます。

一般的にビザ申請に向けての準備というのは、かなりのエネルギーと時間が必要です。特に商工業活動を行うためのビザなどは、さらに必要書類や注意事項も多くなる傾向にございます。

当社サポートでは、ビザ申請サポート専門のカウンセラーが、主にメールでのやり取りで書類に不備等がないかを確認し、申請がよりスムーズに行くためのお手伝いをさせて頂きます。
丁寧できめ細やかなサポートにより、申請まで計画的に準備を進めていきます。サポート中は、書類によっては訂正箇所や改善点について、メールのやり取りを数往復繰り返すこととなります。

修正点や改善点については、留学エージェントとして20年近くの実績を持つ当社の専門的知識及び、大使館から直接得た情報に基づきご案内致します。:

  • きめ細やかな書類確認
  • どの書類にどんな情報がどのように記載されている必要があるかの確認
  • 必要に応じた追加書類の作成(当社は大使館指定の翻訳会社でもございます。)
  • 計画書及び経済証明書の作成に関するご案内

商工業活動を行うためのビザ

フランスで商業活動を行う外国人(EU加盟国籍保持者以外)は、フランス入国の為に、まず長期ビザを取得しなければいけません。そして、有効期限が3カ月のビザが発行されます。(「CESEDA L 313-10 2°」の表記がなされます。)
さらに、フランス入国後2カ月以内に滞在許可証を申請する必要がございます。滞在許可証申請に関するお問合せは、ご自身の居住地を管轄する県庁にて案内されます。

フランスで商業活動を行う滞在許可証を申請する外国人は、以下の証明書等が必要でございます。:
-  経済見込み証明書
-  事業に関する書類
-  無犯罪経歴証明書