お一人で「これはどうしたらいいのだろう?」と悩んでいる方、是非一度当社までお問い合わせ下さい!初回無料カウンセリング(電話・スカイプ・ご来社など)にて、あなたのご希望やお悩みの点などを詳しくお伺い致します。
一緒に「ワーキングホリデービザ申請→フランス滞在」に向け準備して行きましょう!
フランス語での履歴書・申請動機作文作成、大使館でのビザ申請、住居手配、学校登録などまるごとご相談下さい!

 

ワーキングホリデービザとは?

 ワーキングホリデービザとは、フランスと日本の若者たちが、休暇を利用して、双方の国の文化や生活習慣にふれられる良い機会を与える為のものです。
(フランス以外にも様々な国でワーキングホリデーのシステムを導入しています。)
また、現地での滞在費用を補うために就労が許可されています。

どうやって申請するの?

 このビザを手に入れるためには、まず在日フランス大使館領事部による書類審査(ビザ審査)を通過する必要があります。現在は大使館領事部でのビザ申請時に、生体認証の採取(指紋の撮影)が行われているため、ビザ申請はご本人自身が東京のフランス大使館領事部に出向く必要が あります。ワーキングホリデービザには年間の発給枚数に限りがあり、毎年希望者も増えている傾向にあります。
審査基準については公開されていませんが、フランス語力は審査基準ではありません。また、先着順でもありません。あくまでも書類内容重視の審査が行われます。

ビザ申請をするからには合格したい!

 ワーキングホリデービザ申請には、申請動機作文を作成する必要があります。申請動機作文の書き方でお悩みの場合、アー ジーフランスにて日本人&フランス人スタッフが書き方をご指導致します。作文はあくまでもご自身で書いて頂き、当社では内容の添削とアドバイスをいたしま す。作文はビザ審査を通過するにあたって、ご自身の希望を的確に表現する必要がありますが、ご自分の言葉でその熱意を伝えることも大切です。
作文の書き方にはいくつかコツがあります。今までたくさんの方々の申請動機作文を添削してきたノウハウで、文章のみならず内容までしっかりチェックさせていただき、効果的な添削指導をいたします。

*2005年度から今日まで、当社にて申請動機作文の書き方をご指導させていただきました方々には無事ビザが発行され、フランスへとご出発されております。しかしビザ発給の可否、ビザの期間、発行時期の最終的な決定は大使館に委ねられます。予めご了承下さいませ。